2016年12月21日

承継あってこそ

西丹沢の過疎集落で 植樹イベントがあった
3年前から 熟年NPOの仲間と放置された篠竹密集エリアで刈り払いを始めたのだが、以降話が曲折展開して、なんと最近集落に移住してきた若者たちが立ち上げたNPOが その場所で地拵と植樹を実施することになったのだ。 それを下支えする集落住民の盛り上がりも半端ではないし、町の呼びかけで都会のボランティアグループもやってきて 廃校した小学校跡地には 久しぶりに子供たちの歓声が。。。  なんだかこれってずいぶん良い展開だよね〜。 熟年から若者へ活動の承継、過疎集落に射し込む希望の光 といっても良いんじゃないのかな〜。

今から3300日ほど前、 グーグルマップの航空写真に写る集落の裏山に「こんな感じで遊歩道を作ったりして。。」 と一本の線を引いたのが付き合いの始まり。 以来あれこれと関わってきたんだけれど 小さいながらも地域貢献の形が一つできたのかなー ようやく (^_^)v
260816-4.jpg
271205-6.jpg281203-8.jpg281203-14.jpg281203-2.jpg







posted by ez at 19:43| Comment(2) | 日記